南木倶楽部 絵画のページ。「ロゴマーク」他。販売もしています。

2014.02.12 Wednesday

0
     
    南木倶楽部「ロゴマーク」他、ブログでよく使っている絵画のページ。


    私は最近、特に「南木倶楽部宗教と哲学の部屋」でこれらの絵を多用しています。
    これらの絵画は私の長女(南木まどか)がコンピューターグラフィックで描いたもので、その多くは『二科展デザインの部』等の入選作です。
    (ブログ「南木まどかの部屋」 ホームページ「Madoka Minaki's Art Gallery」参照)
     
    メーリングリストや、ブログをご覧いただいた方の中から、当該の絵を額入りで欲しいといってくださる方が徐々に増えてきたので、このページに販売できるものの見本を掲示させていただいています。

    見ていただき、楽しんでいただければ幸いです。
     
     
    長女は油絵も描いていて、何度も「二科展絵画部」で入選をいただいているのですが、油絵を写真に撮って、パソコン上で見ると、素人の写真技術では、もともとの絵画のニュアンスがなかなか出ません。
    しかしコンピュータグラフィックの作品は、基本的に美術館で展示されたものと同じニュアンスをパソコン上で出す事が可能です。

    購入していただける場合は、印刷してお送りする額入りの絵は、大きさはA4ですが、美術館出品作と同じニュアンスをほぼ完全に保持できています。
    (美術館出品時はB3、A3サイズから、ハガキ大までいろいろですが、お送するのはすべてA4用紙で、額入りです。)
     
     
    価格はどれでも、送料、税込みで1枚1万円です。
    1万円の内、5000円を「南木倶楽部」の活動費に、5000円を娘の絵の具や、出品料等に充当させていただけると幸甚です。

    購入ご希望の方は、どの絵か分かるように、以下の絵の名称を書いて(コピーして電子メールに貼り付け)、複数枚の場合は枚数なども明記し、私宛てにメールをください。

    ご住所、氏名をお忘れなく。電話番号も念のため、書いていただけると幸甚です。


    代金は下に示す私の銀行口座に振り込んでください。
    振り込み料は恐縮ですが、ご負担願えるとありがたいです。
     
    これらの絵は、単に美しいだけはなく、基本的に私の『宗教観、政治思想』と一致しているもので、そうでない種類の絵は、ここに掲示される事はありません。
    今後も、私は、これらの絵を使って、世界認識の方法を説明する事があると思います。

    長女は中学1年生から、『二元会』審査委員の奥野北雄先生に師事して、絵を教えていただいておりましたが、早期教育はこの長女には効果が高かったようです。
    大学(大阪芸術大学)を「大学に行っていると絵が描けない」と言う理由で、2回生前期で中退したこともあり、本人も色々大変だったと思いますし、今も、もちろん大変なのですが、それでも23歳でよくここまで来たものだと親馬鹿ながら思っています。
     
    私ども夫婦には3人の娘がおりますが、長女の2才下には「南木さくら」と名づけた次女を私ども夫婦は授かりました。
    この子は今、21歳。作業所で楽しく仕事をさせていただいていますが、重い知的障害を伴う、自閉症児として生まれました。
    言葉がなかなか出ず、奇声を発し、視線を全く親と合わせようとしませんでした。
    どんな美人に成長するのかと思うほど天使のようにかわいらしく、しかし何を感じているのか分からない宇宙人のようでもあり、不思議な子供でした。

    重い自閉症児だと分かるまで数年の時間が私ども家族全員を乗せて過ぎてゆきました。

    過ぎ去った今ではもうなんでもない時間ですが、次女に起こっている事が何かはっきりと分かってくるまでの数年間は、家族の誰にとっても非常に濃密な、未知の領域との戦い、あるいは冒険の期間であったと思います。

    いま、画家の卵となった長女「南木まどか」は、3歳、4歳、5歳と成長するどの時期も、2歳下の妹に大変期待し、姉妹で遊ぶことを夢見ていたに違いなかったのであり、次女のことは、私ども両親の何倍、何十倍もの心理的な心の綾や、不安を、彼女の内面にもたらしたと思います。
    「何でさくらはしゃべれないの。神さんずるいわ。」
    とその当時私に申しておりました。
     
    この種の話は、本年平成26年4月に、石黒大圓氏が、彼が主催する『いのちと出会う会』の講師に私を呼んでくださっているので、その時お話できると思います。(この稿終わり)
     
    蓮に川蝉図・日輪(「二科展}デザインの部入選作)

    蓮に白鷺図・亀・日輪(「二科展}ポストカードデザイン大賞入選作)

    日輪、白馬と猫。縁起物。(毎年入選している「招き猫美術館」招き猫イラスト大賞応募作。応募中で発表はまだ)過去の受賞、入選作は「招き猫イラスト大賞」のホームページ参照。

    南木倶楽部ロゴマーク(横長)。日輪・赤富士頂上・鷹・南天他(「南木倶楽部全国・南木倶楽部宗教と哲学の部屋」の文字入り。フェイスブックのカバー写真にも使用。)(文字なし版もあります。)

    南木倶楽部ロゴマーク(大)。赤富士(大)と、日輪。松竹梅。鷹。


    翡翠(かわせみ)と蓮の葉。(南木倶楽部の為に特注したもの)(「南木倶楽部全国・南木倶楽部宗教と哲学の部屋」の文字を縦書きで、左余白に記入できます。)



    自宅玄関のギャラリーに展示した様子



    南木隆治メール連絡先。
    または
     
     
    南木隆治の銀行口座
    振込先は次の4つどれでも可能です。 
    りそな銀行 金岡支店 普通 3249594 ミナキ タカハル
    三井住友銀行 松原支店 普通 0678429 ミナキ タカハル
    楽天銀行 リズム支店(209) 普通 3483564   TAKAHARU MINAKI
    郵貯銀行 店番418(ヨンイチハチ) 普通 8859857 ミナキ タカハル )(店番はヨンイチハチとカタカナで入力)
     
    (平成26年2月12日 記)
     
    南木隆治(みなきたかはる)  
    dpait620@kawachi.zaq.ne.jp       
    http://www.kawachi.zaq.ne.jp/minaki/ (南木の資料室)
    http://star.ap.teacup.com/minaki/ (南木の資料室別館)
     

    スポンサーサイト

    2017.07.17 Monday

    0
      コメント
      コメントする